予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】

子猫を拾った!

この記事を読んでいるあなたが、今まさに子猫を拾ったところであれば、何よりも先にまず子猫の体をあたためてください。体が明らかに冷たければ、火傷や急激な体温上昇に気をつけながらドライヤーやヒーターで積極的にあたためてください。母猫から離れた子猫はとても冷えやすいため、体があたたかくてもカイロや湯たんぽが必要です。もしあたためるものを何も持っていなければ、服の中に子猫を入れてあたためながら続きを読んでください。
ここでは子猫を拾ったときの初期対応を紹介します。

1 子猫の状態を把握する

まずは、拾った子猫の状態を把握しましょう。呼吸はしっかりできていますか、鳴く元気はありますか。まだ目も開いていない状態であれば、生まれて約1週間以内の赤ちゃん猫です。目が開いていても歯が生えていなければ、まだミルクが必要です。歯がしっかり生えていれば生後約1カ月は経過しており、離乳食を食べることができます。
 明らかに子猫が弱っているのであればすぐに動物病院へ連れていくべきですが、もしとっても元気に鳴いているのであれば、元の場所に戻して少し様子を見ると母猫が戻ってくるかもしれません。ただし、母猫から離れた子猫は外敵から狙われやすく、子猫自身も徐々に弱っていきます。目を離さないように注意し、1時間以内に母猫が現れなければ保護して動物病院へ連れて行ってください。

2 子猫の世話

出来ればすぐに動物病院へ行くことが望ましいですが、すぐに行けなかったり病院が閉まっている場合もあるでしょう。しかし、子猫は人間の赤ちゃん同様に弱々しく、病院に行けなくても放っておくことは出来ません。特に生まれたての子猫は数時間ミルクを飲めなかっただけで死に至る可能性があるため、拾った子猫にはなるべく早く食事を与える必要があります。

歯がまだ生えておらず離乳していない可能性のある子猫には、ペットショップやコンビニなどで猫用ミルクを購入し、人肌よりあたたかめにしてスポイトや哺乳瓶で与えてください。冷えたミルクは下痢の原因となるため、必ずあたためたものを与えましょう。うまく飲み込めない場合に無理やりに飲ませるのは、誤嚥の可能性があるため危険です。舐めさせるだけでも低血糖を防ぐことが出来るため、口の中に塗るようにしてください。生まれたての子猫は、2~3時間おきの哺乳が必要です。
 また生まれたての子猫は自力で排泄できないため、清潔なティッシュでお尻をポンポンと刺激して排泄を促します。子猫の皮膚はとても薄いため、ゴシゴシとこすってはいけません。母猫が子猫のお尻を舐める様子をイメージして、やさしくお尻を刺激してください。

3 もしも猫用ミルクが手に入らなかったら

猫用のミルクが手に入らない場合に牛乳をあげてしまいがちですが、猫は牛乳に含まれる乳糖を分解できないため、牛乳をそのまま飲ませると下痢をしてしまいさらに弱らせてしまいます。

どうしても牛乳しか手に入らない場合は、お湯で2倍に薄めて少量の砂糖と卵黄を加えて下さい。ポカリスエット等のような体液に近く調整されている飲料で牛乳を薄める、人用のミルクを薄める方法などもあるようですが、あくまで緊急時の代用のため、翌日以降は猫用ミルクにすぐに切り替えてください。

猫の出産シーズンである春と秋は、子猫に関する相談が特に増える時期です。小さな命を救うために出来ることがあります。ぜひ動物病院へご相談ください。

<< 一覧へ戻る
Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC