予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】
  • トップ
  • 猫を拾った 保護するための大事なポイント

猫を拾った 保護するための大事なポイント

「猫を拾ってしまった」「おうちに猫が住み着いちゃって」という経験のある方、実は多いのではないでしょうか。そのような時には、どうしたら良いでしょうか。どこに連絡すべきか、何に気を付けるべきかご存知でしょうか。

「本当に野良猫?どこかで飼われているのでは…」「おうちで飼うにはどうしたら良い?」「もう先住猫がいるんだけど病気がうつったりしない?」等々、色々なご不安にお答えします。

1. 猫を拾った~本当に野良猫?

まずは、その猫が本当に野良猫なのかどうかを判断する必要があります。おうちの外へ遊びに行く飼い猫は首輪をしていないケースがあるため、首輪の有無だけで野良猫かどうかの判断はできません。

迷子猫の届け出が出ているかもしれないので、まずは「警察署」および「愛護センター」へ連絡しましょう。近所の方や付近の動物病院へ聞いてみると、有効な情報が得られるかもしれません。飼い猫だとマイクロチップが挿入されていることがあります。マイクロチップは長さ1cm程の小さな電子標識器具で、外見では挿入されているかわかりません。動物病院にて、専用のリーダーで確認しましょう。

また、耳先カットや耳先ピアスは不妊手術済み野良猫の印です。「地域猫」として特定の地域内で可愛がられている野良猫もいるため、お近くの愛護団体等に確認しましょう。

2. 拾った猫をおうちに迎えたい

・おうちに迎える前に
お外にいる猫は、人や他の動物に感染する病気を持っている可能性があります。おうちの中へ迎え入れる前に、まずは動物病院で病気の予防や健康診断を受けましょう。人に感染する可能性のあるノミやダニ、お腹に寄生する虫、真菌などの有無をチェックし、ワクチン接種などの必要な予防をしましょう。

・おうちに先住猫がいたら
 先住猫がいる場合は、新しく迎える猫から病気が感染する可能性があるため、すぐに一緒にするのは危険です。病気には潜伏期間があるため、健康に見えても1~2週間の隔離をおすすめします。もし新しく迎える猫が猫エイズウイルス・猫白血病ウイルスを保有している場合は、その後も隔離が必要となるため、一緒にする前に必ずチェックしましょう。
 また猫同士には相性があるため、会わせる際にはいきなり一緒にはせず、少しずつ会う時間を伸ばしてお互いに慣れさせるようにしましょう。新しい猫を可愛がりがちですが、ごはんや遊びなど全てにおいて先住猫を優先してあげてください。

3. 猫を拾ってしまったが、どうしても飼えない場合

自分で飼うのが難しい場合は、知り合いで飼ってくれる人がいるか相談しましょう。里親を探すときは近くの動物病院に相談したり、新聞・地元雑誌などへの掲載などが有効です。インターネットでも里親募集サイトは多くありますが、匿名性が高くトラブルが多いので、文字だけでのやり取りではなく、実際にお見合いしたり自宅まで届けることをお勧めします。また、区役所や付近のボランティア団体などに問い合わせることで、知識や経験の豊富なスタッフからアドバイスをもらえることがあります。

もしどうしても飼育が難しい場合は、地域猫として近所の方々に見守られながらお外で生きていく方法もあります。ただし、やむを得ずお外へ戻す場合は必ず元の場所へ戻してください。野良猫たちはそれぞれ縄張りをもっており、自分たちのエサ場を守っています。自分の縄張りのない場所へ突然放されてもエサ場を持つことが出来ず、生きていくことが難しくなってしまいます。また野良猫の繁殖力はかなり強く、外へ戻すとあっという間に猫の数は増えていきます。もし外へ戻す場合は、戻す前に必ず避妊手術をしてください。そして、避妊手術のために再度捕獲されることを防ぐため、手術済みの印として耳先カットをしてください。

お外で生きている野良猫の暮らしは、私たちの想像以上に過酷なものです。もし充分な環境をご準備できるのであれば、ぜひおうちでのあたたかい生活をさせてあげてください。しかしおうちへ迎えるのが難しい場合でも、お手伝いできることがあるかもしれませんので、ぜひ動物病院へご相談ください。

<< 一覧へ戻る
Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC