予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】

どう違う?野良猫vs地域猫

「地域猫」という言葉をご存知でしょうか?野良猫をめぐる様々な近隣トラブル解決のため、現在盛んに取り組まれている対策法です。東京都を中心に始まりましたが、今では各地で取り組まれており、野良猫によるトラブル解決や殺処分数減少に大きな成果を上げています。

ここでは、野良猫問題と地域猫の扱いについて解説します。

1. 野良猫によるトラブル

野良猫によって起こっているトラブルには様々なものがあります。ゴミをあさる、庭先でフンをする、花壇を荒らす、深夜の鳴き声がうるさい等々、皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。これらのトラブルのほとんどは、野良猫の増えすぎに起因するものです。野良猫の繁殖能力は非常に高く、1匹のメス猫が出産を続けると1年後には20匹以上にまで増えるとも言われています。

・野良猫を減らすために -保健所は野良猫を捕獲・処分できる?
 野良猫を減らすために保健所にお願いすれば良いのでは、と思う方もいるでしょう。しかし、犬は狂犬病予防法により捕獲が可能ですが、猫に関する法律はないため行政が野良猫の捕獲を行うことはできません。また飼い猫でも放し飼いにされている子はいるため、野良猫か飼い猫かを判断することは難しく、所有物かもしれない猫を保健所で勝手に処分することは難しいのが現状です。

・野良猫を減らすために -「エサやり禁止」は効果がある?
 ではエサやり禁止にしてしまえばいいのでは、と思うかもしれません。よく街で「エサやり禁止」の張り紙や看板を目にすることはあるでしょう。しかし、エサやり禁止にするとかえってエサやりが増えるというデータがあります。エサやり禁止の看板が掲げられることにより、猫好きの住民が「私がごはんをあげないとこの子は死んじゃうかもしれない」と感じ、隠れエサやりが横行するためと言われています。

2. 地域猫とは?

・地域猫とは
「地域猫」とは、一言でいうと「地域で管理されている野良猫」のことです。特定の飼い主がおらずお外で生活するという点では野良猫と同じですが、地域住民の方々の合意のもと特定のごはん場やトイレを設置し皆で適切に面倒を見ていくという点で大きく異なります。

地域猫は不妊手術を受け、目印のために耳先をカットしたりピアスをつけたりしています。もしあなたが道端で耳先をカットされた猫に出会ったならば、その子はきっとその付近で可愛がられている地域猫さんでしょう。

・地域猫活動
このような現状の中で、現在各地で地域猫活動が盛んにおこなわれ効果を上げています。野良猫に関するトラブル軽減だけでなく、地域のコミュニケーション活性化にもつながります。具体的なやり方としては以下のとおりです。

1: まずはその地域にいる野良猫の数や状態を把握する
2: その地域の野良猫がこれ以上増えないように不妊手術を行う
3: ごはん場やトイレを設置する。ごはんの管理やトイレ掃除などは住民が共同で行い、ゴミや異臭による問題を防ぐ
4: 世話をする人が孤立しないように、また周辺住民の理解を得られるように皆で努力する

地域の中には、猫好きで野良猫にごはんをあげたい人もいれば、野良猫のことが大嫌いな人もいるでしょう。ただし、どちらの人も「野良猫によるトラブルを防ぎたい」「野良猫を増やしすぎたくない」という気持ちは共有できるのではないでしょうか。野良猫問題も、地域猫活動も、地域の方の協力と理解が必要です。
地域の全員が快適に過ごせるよう、近所で行われている地域猫活動に目を向けてみてはいかがでしょうか。

<< 一覧へ戻る
Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC