予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】
  • トップ
  • 猫ちゃんにもニキビ? ~その原因と対処法~

猫ちゃんにもニキビ? ~その原因と対処法~

猫にもニキビ? 聞いたことありますか?
実は通称猫ニキビとは、アクネとか、また医学的には痤瘡(ざそう)とも言われます。主に、下唇から顎の下、尾の付け根など、皮脂が多く出るような場所の毛穴に黒いプツプツ(角柱)が発生することをいいます。一見、「汚れが付いちゃったのかな?」というくらいにしか思わないかもしれませんが、猫ニキビは重症化して、炎症へと発展してしまうと、場合によっては二次感染を招く場合もありますので注意する必要があります。

猫ニキビの主な症状

・黒いポツポツ(ポロポロ取れることも、取れにくいことも)
・脱毛
・腫れや出血
・しきりに掻く
・発症した部分の皮膚が硬くボコボコになる

といった症状が挙げられます。

原因

猫ニキビは猫の生涯を通してなりやすいものですが、実はこれといった原因がわかっていません。しかし関連すると思われる要因がいくつか挙げられています。

・ご飯、お水の受け皿がプラスチック製(細菌が繁殖しやすいため)
・ストレスなどの身体への負荷(ホルモンバランスの乱れ)
・歯周病など歯科疾患
・ご飯の品質
・投薬による副反応(液体の薬など)
・細菌やダニの繁殖
・毛づくろいが行き届かない
・皮脂の過剰分泌

顎下、下唇は猫の舌も届かず、食事の汚れやヨダレが付きやすく意外と不衛生だったりするため、ニキビができやすいのです。

治療法

ニキビだけで病院に行くのも…と思うかもしれませんが、猫ニキビは結構なおりにくいものですし、一度なってしまうと、治っても再発しやすいです。あまりにも症状がひどい場合には病院で診てもらうのが最善かもしれません。

また、そのほかの対処方法としては、シャンプーで清潔を保ち綺麗にしていく事も出来ます。

トリミングサロンcocoeにもよく、猫ニキビをもった子がいらっしゃいます。あまり刺激を与えず、時間をかけながら、ゆっくり汚れを落としていきます。赤みが出ていたり、爛れたりと症状があまりにも強く出ている場合には診察を勧める場合もあります。

家でも簡単にお掃除ができます。例えば、温かくしたタオルや熱すぎない蒸しタオルなどを用意して頂き、猫ちゃんにとって無理のない体勢で、優しく拭う感じでふいてあげるのも効果があります。

他にご自宅で出来ることは、生活環境を一度見直してみること。例えば、ご飯の容器を変えてみたり、猫に何かストレスの要因になっているようなものがないか確認してみたりできますね。またニキビは脂質との関連性があるようですので、太り気味な猫ちゃんはダイエットも効果的であると思われます。アレルギー反応等で症状がでているなら、ご飯を改善していく必要がありますし、病院で一度見てもらったほうがいいかもしれません。お気軽にご相談くださいね。

<< 一覧へ戻る
Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC