予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】
  • トップ
  • 猫ちゃんの飼い主様必見!病院の待合室での過ごし方

猫ちゃんの飼い主様必見!病院の待合室での過ごし方

ご家族の猫ちゃんを動物病院に連れて行きたいけれど、診察等の待ち時間のストレスが心配でなかなか連れてこられない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
元気そうに過ごしていると病院に連れてく機会も少なくなりますよね。健康に見えても病気の早期発見は定期健診で初めてわかることもあります。定期的な通院がストレスなくよりよいものになるように猫ちゃんが安心できるような待合室での過ごし方をご紹介します。

病院に来る前に

・キャリーバックやケースを自分のテリトリーにする
動物病院に連れて行こうと思ってもキャリーバックを見るだけで隠れてしまう子もいます。まずは日ごろからお部屋にキャリーバックを置いておき自由に出入りできる環境を作ってあげましょう。そうすることでキャリーバックを自分のテリトリーにすることができます。待ち時間は猫ちゃんにとっても不安な時間ではあるかもしれません。そんな中で自分の匂いのついたテリトリーがあるだけでも不安はかなり緩和されます。

待合室での過ごし方

・キャリーバックやケースを布で覆っておく
猫ちゃんはとても緊張やさんで怖がりな子が多いものです。キャリーバックを布で覆うことにより猫ちゃんの習性のひとつである「狭くて暗いところ好き」といった環境を作ることができます。他の猫ちゃんやわんちゃんを見て興奮してしまう子もいるので、布で覆いできるだけストレスのない環境にしてあげるとよいでしょう。

・飼い主様の存在を伝える
猫ちゃんによっては緊張や不安で鳴き声をあげる子もいます。そんな時は名前を呼んだり、触れる状態であればそっと触れてあげましょう。そうする事により他の子のにおいや音をストレスに感じる子でも飼い主様の存在を伝えることで不安を和らげることができます。いつものように名前を呼び、大好きな場所を撫でてあげましょう。撫でるときにキャリーバックから出てしまわないよう十分注意しながら行ってください。バックから出たがっている子はバックをあけないよう気をつけましょう。

・待合室を活用しよう
当院では今年から猫ちゃん専用の待合室、診察室をご用意しております。
また、待合室におりますコンシェルジュが飼い主様のご不安やご質問にお答えしています。診察中先生に聞けなかった質問や、病気・治療についての疑問、おうちでの心配事などがございましたらぜひお声掛けください。また、待合室には猫ちゃんのための情報もたくさんご準備しております。待合室で新しい発見をしてもらえるよう今後も様々なツールを提案していきます。ご期待くださいね。

<< 一覧へ戻る
Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC