予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】
  • トップ
  • キャリーバッグに入らない猫ちゃん

キャリーバッグに入らない猫ちゃん

病院に行こうと思ったのに猫ちゃんがキャリーバッグに入ってくれない。嫌がる猫ちゃんと格闘して病院に行く前から猫ちゃんも飼い主様もぐったり。そんなことにお困りの飼主様は多いのではないでしょうか。
具合が悪くて病院に向かう場合は、猫ちゃんとしては具合が悪いのに加え、慣れないキャリーバッグに閉じ込められ、病院に連れて行かれる、と悪い印象ばかりを学習してしまっていることがあります。
そうならないよう、普段からキャリーバッグに良い印象の持てる方法をご紹介します。

1.猫ちゃんに合ったキャリーバッグ探し

猫ちゃんをキャリーバッグに入れたい!そのためにまずは猫ちゃんの好みに合わせたバッグ選びが大切です。抱っこが好きな子はスリングやリュックのようなソフトタイプがお勧めです。抱っこが苦手な子はハードタイプのものが安定していて、落ち着くかもしれません。お外を見るのが好きな子はドーム型の窓やメッシュののぞき穴が付いているものだと外出を楽しんでくれるかもしれません。いずれのタイプも、バッグに入ったまま注射などの処置が出来る様、正面だけでなく、上が開くタイプのものがお勧めです。

2.キャリーバッグに慣れさせよう!

猫ちゃんは本来環境の変化が苦手な動物なので外出が得意な子は多くありません。
移動の時にだけキャリーバッグを目の前に出すのではなく、猫ちゃんが普段生活する環境の中にバッグを置き、キャリーバッグがあることを特別な状況ではないように感じてもらうのがポイントです。

3.どうしても入ってくれない時は

洗濯ネットや座布団カバーに入れた上でバッグに入ってもらうとスムーズです。視界が少し遮って目隠しをしてあげることで安心できる効果も得られ、万が一バッグから出てしまった時も逃走防止に役立ちます。

4.猫ちゃんの性質を知ろう

本来猫ちゃんはキャリーバッグなどの狭くて暗い所を好む傾向にあります。バッグに入るのを嫌がる子はバッグ自体が嫌い、と言うより閉じ込められたり移動させられるのが嫌いであること、また嫌がって抵抗していたら飼い主様が手を緩めてくれたりすることでさらに抵抗が強くなっている可能性もあります。猫ちゃんの性質上、一旦嫌がりだすと落ち着くまで時間がかかることが多いので、まずはバッグを見て興奮しない、入れる時も洗濯ネットやタオルなどを使って格闘するのを避けることでスムーズに入ってもらうことが大切です。

5.猫ちゃんにトレーニング!?

猫ちゃんにはしつけやトレーニングは難しいと思っていませんか?実はちゃんと覚えてくれています。猫ちゃんには人間の2~3歳程度の知能があると言われていて、人と仲良く共存するために色々なことを覚えることが可能です。ただし、やはりそこは気ままな猫ちゃん。わんちゃんのように『マテ』をしたり我慢を必要とするものはとても苦手です。しかし逆に自分に得がある事にしてあげれば案外すんなり覚えてくれます。キャリーバッグが苦手な子はキャリーバッグを見たら、『ラッキー』と思うくらいお得なものに感じてもらえば良いのです。何をお得と感じるか、それはずばり多くの猫ちゃんにとってご飯!ではないでしょうか?バッグの近くでご飯をあげたり、中に特別なおやつを入れて入ってもらったりすると『好きな時間=バッグが近くにある』と覚えてくれます。食にそこまで興味のない子はバッグの近くで遊んでもらったり、中にお気に入りのベッドを入れたりして入ってもらうと良いです。慣れてきてから大切なのは『入った!』と思って閉じ込めない事。『いつでも好きな時に出られる』と思ってもらう事で『閉じ込められる』という印象が薄れます。

ちなみに筆者の家の猫はキャリーバッグが大好きで見せると意地でも入っていき、入っている間中ずっとゴロゴロ言っています。このようにご褒美に感じる子もいるので猫ちゃんも飼い主様もストレスなく、楽しんで慣れてもらえる様、普段から心がけていきましょう。

当院では、猫ちゃん専用の待合室や診察室を完備しております。ストレスを軽減するグッズなどのご紹介も可能なのでぜひスタッフにお声がけくださいね。

<< 一覧へ戻る
Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC