予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】
トップ >  犬の診察室 >  犬の生涯

犬の診察室

ステージに合わせてサポートしてあげましょう。

※カーソルを合わせると、サポート内容がポップアップします。

生後経過年齢【0年】

どんな時期?

この時期はいろいろなものに興味がでてくる時期です。コミュニケーションをたくさんとり絆を深めてみてはいかがですか?3-6か月齢前後では乳歯が生え代わりはじめ色々なものを咬みはじめますので、おもちゃを用意してあげて一緒に遊びましょう。社会化に大切な時期なのでいろいろな生活の中での体験を見たり聞かせてあげて慣れていくことも大切な時期です。

美容のサポート

まず触れさせることに慣れさせましょう。無理強いは禁物です。将来嫌がるようになってしまうのでお手入れを楽しみながらコミュニケーションのひとつとしておこないましょう。

予防のサポート

混合ワクチン犬の感染症の中で特に発症率、致死率の高い病気についての予防となります。幼年期は6週齢から14週齢を超えるまで1か月毎の接種が必要となります。接種時にアレルギー反応をおこす可能性があるので環境や体調に変化があるときの接種は避け接種日は安静にして様子をみてあげてください。

狂犬病予防人獣共通感染症で全ての哺乳類に感染します。国内発症は約50年間ありませんが全世界で発生しており、発症すると犬も人も100%死亡します。狂犬病予防法で毎年4~6月に年に1回の投与が義務付けられています。投与後は届け出が必要です。仔犬は90週齢から投与可能です。”>

寄生虫の駆除ノミやマダニのように体の外につく外部寄生虫と消化器や血液、皮下組織など体内に寄生する内部寄生虫があります。寄生中の中には人間にうつるものもあり外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合もあるので外に出ない動物でも定期的な駆除が必要になります。ノミやマダニのような外部寄生虫は痒みの原因になるだけでなく病気を媒介することもあります。フィラリアは蚊にさされることで血液中に入り生活し、最終的に心臓に塞栓することで命に係わることがあります。他にも消化管内に寄生する虫など人間にうつるものもありますし、外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合があるので定期的な駆除が必要になります。

フードのサポート

パピー期は急速に成長するため成犬の約2倍の栄養分(カロリー)が必要となってきます。この時期に栄養分が不足すると骨や筋肉の形成が不十分になる可能性があります。そのため、パピーのご飯には成犬のご飯よりも栄養価が高く骨の形成を助ける栄養素も入っています。大型犬の場合はサプリメントを与えすぎると過剰摂取となり発育障害の原因となりますので注意が必要です。**小型・中型家犬は1歳・大型犬は2歳まで

しつけのサポート

生後5か月までを社会化期といい。将来受ける刺激に慣れてもらう大切な時期です。人やワンちゃんと接する機会を多くもうけ誰からも愛されるワンちゃんになるように、たくさんほめてあげて、楽しみながらトレーニングをしましょう。


生後経過年齢【1年】

どんな時期?

避妊去勢を行っていく時期です。女の子の場合には2回目の発情期までに避妊を行うことで将来的に乳腺腫瘍の発生率を抑えることができます。子供の歯がまだ残っている場合には咬み合わせの悪化を防ぐために一緒に抜歯をする必要があるかもしれません。

美容のサポート

一番元気に動ける時期。爪や足裏の毛は伸びていませんか?伸びていると思わぬケガの原因となります。月に一回はチェックをしましょう。歯みがきは毎日習慣づけをすると歯周病や他の病気の予防にもなります。

予防のサポート

混合ワクチン犬の感染症の中で特に発症率、致死率の高い病気についての予防となります。接種時にアレルギー反応をおこす可能性があるので環境や体調に変化があるときの接種は避け接種日は安静にして様子をみてあげてください。

狂犬病予防人獣共通感染症で全ての哺乳類に感染します。国内発症は約50年間ありませんが全世界で発生しており、発症すると犬も人も100%死亡します。狂犬病予防法で毎年4-6月に年に1回の投与が義務付けられています。投与後は届け出が必要です

寄生虫の駆除ノミやマダニのように体の外につく外部寄生虫と消化器や血液、皮下組織など体内に寄生する内部寄生虫があります。寄生中の中には人間にうつるものもあり外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合もあるので外に出ない動物でも定期的な駆除が必要になります。ノミやマダニのような外部寄生虫は痒みの原因になるだけでなく病気を媒介することもあります。フィラリアは蚊にさされることで血液中に入り生活し、最終的に心臓に塞栓することで命に係わることがあります。他にも消化管内に寄生する虫など人間にうつるものもありますし、外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合があるので定期的な駆除が必要になります。

フードのサポート

(1)パピー期の食事を継続すると肥満や内臓疾患につながるため、一般的な食事に切り替えましょう。食事の切り替えは一気に変えるのではなく少しづ混ぜて変えていきましょう。
(2)避妊、去勢によって繁殖に必要なエネルギー量が減り太りやすくなるためご飯は注意してあたえましょう。

しつけのサポート

吠えや咬むことが癖になってしまうワンちゃんは問題が大きくなる前に対処しましょう。飼い主がリーダーになっていないとワンちゃん自身がリーダーになろうとして様々な問題がうまれます。信頼されるリーダーになれるよう楽しくトレーニングをおこないましょう。


生後経過年齢【6年】

どんな時期?

病気も少しずつでてくる時期です。おしっこがちゃんと出ているか、たくさん出すぎていないか、体重が急に減ったりしていないかなど少し気にしてみてみましょう。毎日、コミュニケーションをとって体に触ってあげることで変化にも気づきやすくなります。

美容のサポート

日々のお手入れ、ブラッシング等をすることで、体表のできもの、皮膚の状態の変化に気がつくことができます。歯周病が最も多い時期です。定期的な歯科検診をおすすめします。

予防のサポート

混合ワクチン犬の感染症の中で特に発症率、致死率の高い病気についての予防となります。接種時にアレルギー反応をおこす可能性があるので環境や体調に変化があるときの接種は避け接種日は安静にして様子をみてあげてください。

狂犬病予防人獣共通感染症で全ての哺乳類に感染します。国内発症は約50年間ありませんが全世界で発生しており、発症すると犬も人も100%死亡します。狂犬病予防法で毎年4-6月に年に1回の投与が義務付けられています。投与後は届け出が必要です。

寄生虫の駆除ノミやマダニのように体の外につく外部寄生虫と消化器や血液、皮下組織など体内に寄生する内部寄生虫があります。寄生中の中には人間にうつるものもあり外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合もあるので外に出ない動物でも定期的な駆除が必要になります。ノミやマダニのような外部寄生虫は痒みの原因になるだけでなく病気を媒介することもあります。フィラリアは蚊にさされることで血液中に入り生活し、最終的に心臓に塞栓することで命に係わることがあります。他にも消化管内に寄生する虫など人間にうつるものもありますし、外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合があるので定期的な駆除が必要になります。

フードのサポート

体質によって、尿路結石ができやすい、おなかをこわしやすい、アレルギー症状があるなど変化が出てきます。定期的な健康診断を受け、その子にあったご飯に切り替えることをおすすめします。歯周病にもなりやすいので歯石のつきにくいご飯やデンタルガムも併用していくとよいでしょう。

しつけのサポート

若い頃より時間はかかりますが、問題行動を治したり、新しいことを覚えるのは十分可能です。ワンちゃんの性格に合わせ急に方法を変えたり混乱させないようトレーニングをおこないましょう。


生後経過年齢【12年】

どんな時期?

少しずつ体の自由が利かなくなってくるかもしれません。お散歩のコース、ご自宅の中などを工夫してあげましょう。好きな場所でリラックスして過ごせるようにしてあげるのがよいでしょう。体温調節が苦手になって来たり、寝たきりになると床ずれが必要になってきたりします。今まで以上に、よく声をかけてあげてなでてあげましょう。

美容のサポート

汚れやすい所を短めにするなど、できるだけ清潔に保つように心がけましょう。同じ姿勢での寝たきりの状態が続くと床ずれが起きてしまいます。クッション等を利用するなど工夫をしてあげましょう。

予防のサポート

混合ワクチン犬の感染症の中で特に発症率、致死率の高い病気についての予防となります。接種時にアレルギー反応をおこす可能性があるので環境や体調に変化があるときの接種は避け接種日は安静にして様子をみてあげてください。状態により接種が難しい場合には猶予証明書をお出しします。

狂犬病予防人獣共通感染症で全ての哺乳類に感染します。国内発症は約50年間ありませんが全世界で発生しており、発症すると犬も人も100%死亡します。狂犬病予防法で毎年4-6月に年に1回の投与が義務付けられています。投与後は届け出が必要です。状態によって予防接種が難しい場合は猶予証明書をお出しします。

寄生虫の駆除ノミやマダニのように体の外につく外部寄生虫と消化器や血液、皮下組織など体内に寄生する内部寄生虫があります。寄生中の中には人間にうつるものもあり外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合もあるので外に出ない動物でも定期的な駆除が必要になります。ノミやマダニのような外部寄生虫は痒みの原因になるだけでなく病気を媒介することもあります。フィラリアは蚊にさされることで血液中に入り生活し、最終的に心臓に塞栓することで命に係わることがあります。他にも消化管内に寄生する虫など人間にうつるものもありますし、外に出ない動物でも人間の体について室内に持ち込む場合があるので定期的な駆除が必要になります。

フードのサポート

老年期になると運動量が減っていくため一般的に低カロリーで筋肉量を維持するために成犬期より蛋白質の量を増やし、関節の強化のためにグルコサミン配合の食事や、消化しやすい食事が望まれます

しつけのサポート

中年期と同様に新しいことを覚えたたりすることも可能です。ですが以前はしなかったことをするようになった、無駄吠え、咬みつきが増えたなど、目の障害がある、耳が遠い、痴呆が始まるサインかもしれません。日頃の変化に気をつける時期でもあります。

Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC