コンシェルジュが在籍

コンシェルジュは「皆さまに寄り添う」ための存在です。

動物病院では珍しく、「コンシェルジュ」が在籍しています。コンシェルジュは「皆さまに寄り添う」ための存在です。
医療ですから、時には厳しい結果が出ることがあります。獣医師や動物看護師もできるだけ想いを寄せてお話はさせていただきますが、ご家族様の中には気が動転してしまい、冷静になるのが難しい場面もでてきます。そのような時にこそ、待合室にいるご家族様の表情や様子を注意深く見守り、もし問題を抱えていそうであれば、「獣医師からのお話でご不安な点はありませんか」と寄り添います。
不安な気持ちや、診察の短い時間では聞き出すことができない「ご家族様と動物が築いてきた歴史」をお伺いさせていただき、医療に活かします。

コンシェルジュを設けた経緯

実はコンシェルジュを設けたのにはこのような経緯があります。

2000年代はじめのころに現院長はご高齢の男性のオーナー様、そのご家族様のシーズーと出会います。院長もスタッフも手を尽くしたのですが、残念ながらその子は亡くなってしまいました。飼い主様は治療内容に納得しているご様子で「ありがとうございました」と仰ってくださいました。さらに、その1週間後くらいには、菓子折りを持ってご挨拶にも来てくださいました。

しかし、そのときに飼い主様がぽつりともらした言葉に、院長は心を大きく揺さぶられました。

「先生、あの犬は亡くなった妻が大切にしていた犬で、本当に大切だったんですよ……」

ご家族様に誠実に向き合ったつもりでいました。もちろん、シーズーにも真摯に向き合いました。

けれど、もし、奥様とシーズーのエピソードを治療のときに知っていたら、プラスアルファのなにかができたんじゃないかと感じたのです。それまでの獣医療に対する向き合い方は、果たして正しかったのだろうか、と衝撃を受けました。

医療に手抜きをしたわけでは決してありません。けれど、ご家族様と動物の間に流れる「信頼関係」や両者が築いてきた「歴史」を知り、触れることで、新しい動物医療の形を創ることができるのではないかと思ったのです。

このご家族様とシーズーとの出会いを機に、ただ目の前にいる動物とご家族様を見て、治療をするという在り方を変え、動物と人の間に垣間見える「想い」や「歴史」のようなものを知ったうえで治療を行うことを実践し続けてきました。

コンシェルジュは「ご家族様と動物の間に流れる絆や関係性」を知り、ご家族様と動物の気持ちに寄り添った獣医療を提供するために、当院では重要な役割を果たしています。

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話