予約オンラインストアアクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3

03-3378-3366
365日・24時間対応の動物病院【日本動物医療センター】

うさぎにあげたい野菜・果物10選

健康な身体をつくるうえで欠かせないのが食事。うさぎさんにとっても大切です。
ペレット(ラビットフード)と牧草を主食としつつ、食の楽しみとしてやご褒美として、また好き嫌いのないうさぎさんになるために、おすすめの野菜・果物10選をご紹介します。

1.にんじん

うさぎと言えばにんじん!βカロチンを多く含み、皮膚・粘膜の健康維持に効果的です。甘みがあり、好むうさぎさんが多いので食欲が落ちている時などにもおすすめです。

2.キャベツ

ビタミンAやカルシウムが豊富で骨を丈夫にしてくれます。また、ビタミンUが胃腸の働きを助けてくれます。うさぎは1日に体重の10分の1程の水分を必要としますが水分補給としての与えるにも適しています。

3.小松菜

ビタミンやカルシウム、食物繊維が豊富で消化器官の動きを良くしたり、毛づくろいの時に飲み込んだ毛が溜まる毛球症などを起こりにくくしてくれます。葉が柔らかいので粉薬の投薬が必要な時にくるんで与えたりするにも向いています。

4.大根の葉

大根自体は辛みがあり好まない子が多いですが、葉の部分は消化酵素が含まれ、食べ物の消化や腸の活動を助けてくれます。便秘予防にも効果的です。

5.パクチー

巷で流行中のパクチー。薬用ハーブとして、消化を助けてくれたり、血管拡張や利尿作用など解毒作用が期待できます。口腔中の菌を減少させる作用もあり、歯周病予防にもなるという報告もあります。栽培が簡単なので自宅で育て、摘みたてをあげるときっと喜んでくれますよ。

6.パイナップル

胃腸の働きを活発にする酵素が多く含まれています。生のパインを絞ったジュース(市販のものは果汁100%となっていても甘味料などが含まれている為、虫歯などの原因になるので避けましょう)や保存料を使わない乾燥のものに人気があります。

7.りんご

繊維質が豊富なので牧草をあまり食べない子に積極的に与えると良いでしょう。皮の部分のワックスは水洗いでは落ちにくいので剥いてあげる方が良いかもしれません。

8.梨

ソルトビートという便を柔らかくし、腸の運動を促す成分が多く含まれています。また、水分量も多いので便秘がちの子に最適です。皮にはアスパラギン酸やポリフェノールが含まれており、国産のものは農薬を使っていないものがほとんどなので好むようでしたら皮ごとあげても良いでしょう。

9.パパイヤ

生では手に入りづらいため乾燥したものになると思いますが、パイン同様酵素が多く、消化運動や便秘の改善に効果的です。パウダー状の製品もあり、ペレットの食べが悪い時にふりかけのようにしてあげると食欲の増進にも役立ちます。

10.バナナ

免疫力を高める作用があると言われ、がん予防だけでなく、治療効果も期待できるという報告があります。

うさぎは毒草を食べてしまうのを防ぐため、食に対してとても保守的です。若いうちに口にしなかったものは大人になってから決して食べないとも言われています。どの果物・野菜も与えすぎによる栄養過多や体調不良を防ぐため適量にとどめ、主な栄養はペレットと牧草から取るようにしましょう。ただし、元気がない時に栄養価の高い物を食べてくれるよう食の選択の幅を広げてあげることはとても大切なことなので、参考にしてみてくださいね。

<< 一覧へ戻る
Pagetop
JAMC03-3378-3366
JAMC JAMC JAMC