新着情報

新着情報

グループ病院における新型コロナウイルス感染症の発生について(2022年1月18日)
2022.01.19

ご家族様各位
ご報告
 
平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
 
この度、日本動物医療センター(以下、JAMC)グループ病院の麻布十番犬猫クリニックに勤務する従業員2名が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していたことが判明いたしましたので、皆様にご報告させていただきます。
なお、該当スタッフは当院(日本動物医療センターグループ 本院)での勤務実績はございません。
 
~経過~
 
【当該者①: 最終出勤日1/11】
1月11日 最終出勤日
1月15日 喉の違和感があり自宅待機
1月16日 発熱症状を呈するため抗原検査を実施するも、結果は陰性
1月17日 発熱症状が続くためPCR検査を実施
1月18日 検査機関より通知があり、新型コロナウイルス(COVID-19)陽性と判明
現在、所管保健所の指導のもと自宅にて療養を継続しております。
 
【当該者②: 最終出勤日12/26】
1月15日 発熱症状を呈するためPCR検査を実施
1月16日 検査機関より通知があり、新型コロナウイルス(COVID-19)陽性と判明
現在、所管保健所の指導のもと自宅にて療養を継続しております。
 
両名とも、勤務中はマスク着用・アルコール消毒等の感染拡大予防策を実施しておりました。
 
濃厚接触者と認定された従業員・ご家族様はおりませんが、念のため当該者の最終出勤日に麻布十番犬猫クリニックに出勤していた従業員のPCR検査を実施し、結果は分かり次第公表させていただきます。
 
当グループ病院では、新型コロナウイルス発生当初より、厚生労働省や専門機関の対策ガイドラインを踏まえた院内環境衛生対策、及び個人での感染防止策を徹底して参りました。
 
引き続き当院では、感染予防・拡大防止の対策を継続して行い、ご家族様、従業員の安全確保を最優先に考え迅速に対応してまいります。ご家族様にはご心配をおかけしますが、引き続きの感染対策へのご理解とご協力をいただけますと幸いです。
 
日本動物医療センターグループ
本院 院長上野弘道
麻布十番犬猫クリニック 院長 島田健一郎

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話