猫のコラム

猫のコラム

大切な愛猫が亡くなった時にする事

 

最愛の猫とのお別れ。それは非常に辛く受け入れがたい事ですが、大切な家族に最期だからこそしてあげられることがまだ残っています。最期の最期まで愛情を注いで見送ってあげましょう。
 

1: 愛猫にしてあげること

お身体を清める

まず優しく身体を撫でて毛並みを整えてあげましょう。次に湿ったタオルなどで全身を拭きましょう。お尻周りや、お口やお鼻周りは特に体液や排泄物などの汚れがついていることがありますので念入りに。取るのが難しい場合はお湯で流してあげても良いですね。亡くなると人間と同じように死後硬直が起こります。硬くなる前に自然な格好に手足の関節を軽く曲げてあげます。目は優しく閉じましょう。ただし目が閉じないこともありますので無理をしない程度に。

安置する

棺のかわりに愛猫の大きさにあったお箱等を用意しましょう。もし無い様であれば、ペットの葬儀業者や動物病院に相談してみましょう。ご遺体を入れる段ボールやかご等を準備してくれる場合があります。
※当院では、エンジェルケアをし(お身体をきれいにする)、ご自宅で安置するための箱に入れてお返しいたします。

箱をすぐに用意できなければタオルの上に寝かせてあげるのでも良いでしょう。身体の下にペットシーツを敷いておいてあげれば体液が出たときに交換もしやすいですね。

日差しの当たらない涼しい場所に安置します。暑い季節の場合は保冷剤などで身体を冷やしてあげてください。特に頭やお腹を中心に冷やして身体がいたむのを防ぎましょう。保冷剤をタオルに巻いて枕のようにしたり、凍らせたペットボトルを抱っこさせてあげても効果的です。
お気に入りのおやつや首輪、お手紙やお花を手向けるのも良いですね。
 

2:葬儀の準備をする

 
ご遺体をずっと家に安置しておくことはできませんので、葬儀と見送り方を考えなければなりません。ご家族でどうするか検討し、意見をまとめた上でしかるべき場所へ依頼しましょう。葬儀方法は火葬、土葬、地方自治体の引き取りの3種類が考えられます。

火葬

民間のペット葬儀業者やペット霊園に依頼するのがおすすめです。火葬の種類では合同火葬と個別火葬があり、火葬への立会、お骨上げ、返骨、納骨など希望がある場合はそれを踏まえて業者やペット霊園を選びましょう。
霊園の選び方は、お世話になった動物病院に相談すると良いでしょう。インターネット検索でご自分の考えにあった霊園を探すのもいいですね。
霊園や葬儀業者が決まったらどういった葬儀がご家族様にとってより良い形でのお別れ方法なのか色々と相談してみましょう。合同葬、立会葬など様々なお別れの方法がございます
車の手配が出来ない等の場合、葬儀業者によってはご自宅までご遺体を引き取りに来てもらえる所もあります。

土葬

ペットのご遺体は私有地である庭に埋葬することは問題ありませんが、その場合は近隣への腐敗臭の配慮やお墓を荒らされてしまわないように、穴を1m以上掘った上で埋葬するようにしましょう。他人の土地に無断で埋める事は法律により罰せられるので注意しましょう。

地方自治体の引き取り

地方自治体に引き取りを要請すると、ご遺体を引き取ってくれる場合もありますが、こちらは葬儀の方法とは言えないので、選択肢からはずしておいた方がいいですが、念のため紹介しておきます。必要な場合は、料金等詳細に関して各自治体に直接問い合わせるのが良いです。

  
大事な愛猫との別れ。悲しくて涙が止まらないかもしれません。大きな喪失感に苛まれるかもしれません。一緒に過ごした時間はかけがえのないもので、消えることはありません。心の中で生き続けます。葬儀とは亡くなったものを弔うと同時に、残された家族が死をうけ止め、受け入れるための儀式でもあります。どうか虹の橋を渡る大事な愛猫をゆっくりとそしてしっかりと見送ってあげてくださいね。
ご不安、ご心配な点がございましたら、どんなことでも構いませんのでいつでもご相談ください。

カテゴリ

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話