猫のコラム

猫のコラム

猫の尿のとりかた教えます!
2020.03.16

皆さんは猫ちゃんの尿をお家でとったことはありますか?
動物病院で「おしっことってきてくださいねー」と言われて、「はい!」と答えたものの、実際に尿を採取するのは難しいですよね。
検査に用いられる尿は液状である必要があります。そしてなるべく新鮮で、ゴミなどの混ざり物のない尿が適しています。ペットシーツに染み込んでしまった尿では検査ができません。今回は家でもなるべく猫ちゃんにストレスをかけず、尿を液体の状態でとれる方法を紹介します。

【自宅での採尿方法】

お玉やトレイなどでとる
猫が排尿姿勢をとってしゃがんだら、お玉やトレイを背後からそっとおしりの下に入れてすくいとる方法です。早めに近づくと警戒して排尿をやめてしまうかもしれません。タイミングが大事です。

専用グッズを使う
写真は、「ウロキャッチャー」という採尿のための専用グッズです。棒にスポンジがついていて尿を吸収することができます。お玉の時同様に排尿を始めたらおしりの下にそっと入れてスポンジ部分を尿で十分にぬらしてください。

 

 

 

ペットシーツを裏返しにして猫砂の上に置く
いつも使っている猫トイレの猫砂の上にペットシーツを裏返しにして、排尿するまで待ちます。ペットシーツの上に溜まった尿をスポイトで吸い取れば成功です。ただし成功すればとても簡単ですが、猫がペットシーツの違和感に気づいてしまったらじゃりじゃりとシートや砂を掻き回してしまうかもしれません。

システムトイレを使う
システムトイレとは上の段にチップや猫砂、下の段にペットシーツを敷いた2段式になっているトイレのことです。猫が尿をすると尿がチップとすのこを通過し、下の段のペットシーツに吸収されます。
システムトイレの下の段のペットシーツを抜いておけば、下の段に尿がたまり採取できます。
この方法が最も簡単かもしれません。

 

尿が採取できたら・・・
密封できる容器(蓋のできるびん、お醤油さしのような容器、密閉できるジップバッグなど)に入れて病院に持っていきましょう。
だいたい5〜10mlの尿が採取できれば検査は十分に行えます。ただし、尿を長く放置してしまうと、菌が繁殖したり酸化したり、検査結果に異常をきたしてしまうことがあります。なるべく早く(1時間以内)病院に持っていき検査をしてもらいましょう。どうしてもすぐに持っていかれない場合は冷蔵保存をし、半日以内までに持って行くようにしましょう。

それでもどうしてもお家では採取できなかったら、病院でとってもらいましょう。病院ではどのように尿を採取しているのかご紹介します。

【動物病院での採尿方法】

カテーテル採尿
細いカテーテルを尿道に挿入して尿を採ります。メスだと採尿が難しいこともあります。

膀胱穿刺
最もきれいな尿が採れます。猫はV字型のマットの上に仰向けに寝てもらい、超音波で膀胱を確認しながら、膀胱に注射針を直接刺して尿を採ります。

圧迫排尿
獣医師がお腹を触診し、膀胱を直接圧迫して排尿させる方法です。圧迫することにより膀胱から腎臓への尿の逆流や膀胱への負荷が強いことが問題で現在はあまり推奨されていません。

いかがでしたか?
猫は腎臓や尿にトラブルが多いことが知られています。定期的な尿検査は病気の早期発見にもつながります。猫ちゃんからの小さな便りをしっかり受け取って体調管理を万全にして行きましょうね。

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話