猫のコラム

猫のコラム

プロが教える猫の爪切り
2020.04.13

 

もしお家で猫ちゃんが嫌がらずに爪切りをさせてくれたら、と考えたことはありませんか?もうすでに挑戦したけどうまくいかなかったという方もいるかもしれませんね。
今回はお家での爪切りの方法をご説明します。

そもそも猫に爪切りは必要なのでしょうか

屋外で暮らしている猫にとっては「必要ない」が答えになるかと思います。なぜなら木に登る、しがみつく、獲物を捕まえるなど必要な道具だからです。だからといって屋外の猫の爪は伸びっぱなしになっているわけではなく、自分で爪とぎをすることで古くなった爪の層を取り除き古い爪をはがすことで常に新しい爪をむき出しにして鋭くとがった状態にできます。爪とぎは猫本来の習性といっていいでしょう。ただし、この鋭い状態にしておく必要があるのは屋外で暮らす猫の場合です。
対して室内飼いの猫ちゃんの場合、「爪切りをする必要はある」となります。なぜなら①伸びた爪が絨毯やカーテンなどに引っかかって折れ猫ちゃんがケガをしてしまう、②人や同居猫ちゃんなどが思わぬケガをしてしまう、③家具や柱、飼い主の洋服などがボロボロになり猫との関係性が悪くなる、などがあげられます。飼い主さんはお互いの事故防止のためにも猫の爪を定期的にお手入れしてあげる必要があるのです。

猫の爪の特徴

猫の爪は前肢に5本後肢に4本で左右全て合わせると18本あります。猫ちゃんの爪は、指部分にあるさやのような形の皮膚の中に引っ込んでおり、必要なときにニュッと出てくるようになっています。
通常、猫ちゃんが力を抜いているとき爪は引っ込んでおり、そしてしがみついたり、登ったりジャンプするときなど力を入れると爪が出てきます。爪を上手に出し入れできるのは猫が狩猟する動物だからです。爪がしまわれている状態で獲物にそーっと音を立てずに忍びよります。爪が出しっぱなしだと忍び寄るときに地面に爪が当たって音が出てしまい獲物に気づかれて逃げられてしまうので。そして仕留められる範囲まで近づいた後、瞬時に飛びかかり立てた爪で獲物を捕らえたり、押さえつけて動けなくさせたりします。

猫の爪切りをする前に

日頃から猫ちゃんとスキンシップするときに、足先や肉球をやさしくなでてあげるようにしましょう。そうすることにより足を触れられることに抵抗感がなくなり、爪切りも多少はスムーズになる可能性があります。
眠そうなときや、寝起きでボーっとしているときは猫ちゃんの警戒心が薄いときです。無防備で、飼い主さんに体を預けてしまうことが多いこの瞬間が爪切りのチャンスです。また、猫ちゃんの爪は全部で18本あります。全てを一気に行うのではなく、できる範囲で行い嫌がるそぶりを見せたらすぐやめる、という心構えで行いましょうね。一度爪切りが嫌いになってしまうと手を触ることさえも警戒し、抵抗するようになってしまいます。

爪切りの種類

代表的なものとして、ギロチン型、ハサミ型の2種類があります。動物病院やトリミングサロンでは主にギロチン型のものを使用しています。
ギロチン型のものは非常にキレが良く、爪切りが早く終わります。爪切りは猫がイライラする前に終わらせたいので、扱いに慣れている動物病院スタッフはこちらを使うことが断然多いです。初心者さんにとっては、非常にキレがいいのと使い慣れない形をしているため、意図せず深爪をさせてしまうことがあるので、まずはハサミ型から始めるのがいいかもしれませんね。

猫の爪切りをしてみよう

猫の爪は引っ込んでいるので、そのままでは爪は切れません。指の根元を上下からそっと押すと爪が出てきます。

また、猫は前肢の方が後肢よりも敏感です。爪切りは後肢から始めましょう。
猫の爪をよく見ると、根元から半分くらいまではピンク色の部分があります。ここが血管と神経が通っているところです。このピンク色の部分は絶対に切らないようにしましょう。そこから先にある白っぽく半透明な部分が切っていいところです。爪のピンク色の部分から2mm以上離したところを切ってあげれば出血や痛みなく切ることができます。もし出血した場合は清潔なコットンなどで5分程度圧迫してください。それでも止まらないようなら動物病院に連れて行きましょう。

最後に

いかがでしたか?とにかく「無理をしない」が大切です。先の尖っているところだけ、全ていっぺんに行おうとせず1本だけ、嫌がったら別の日で、というところからで十分です。飼い主さんと猫ちゃんが共に慣れたらできる数を増やしていく。気持ちを楽にやっていきましょう。
どうしても足を触らせてくれない、爪切りを見せただけで逃げてしまう猫ちゃんは気兼ねなく動物病院やトリミングサロンなどプロにお任せしましょう。猫ちゃんが嫌がるほど家で頑張りすぎて飼い主様との関係性が崩れるのだけは避けましょうね。

カテゴリ

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話