神経科

神経科のご案内

脳や脊髄などの障害によって引き起こされる症状は神経症状と呼ばれ、意識障害や運動失調・てんかん発作など様々です。
これらの症状は日常生活を送るうえで弊害になることがあり、中には激しい痛みなどの苦痛を伴う場合もあります。
外部の検査センターでの麻酔下検査や、当院における外科手術なども必要に応じてご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

当院での治療例

椎間板ヘルニア

背骨一つ一つの間にあるクッション材(椎間板の髄核)が本来あるべきところから脊柱管内に飛び出してしまい、脊髄に損傷や圧迫を与えることで麻痺や痛みなどの症状を出してしまう疾患です。手術では、圧迫をとるために背骨の一部に窓を作り、飛び出した椎間板を取り出すとともに、圧迫を解消させます。麻痺が改善する確率は症例によりますが、物理的な圧迫を取り除く外科手術において成績が良いといわれています。
ミニチュアダックスフンドに多い胸腰部の椎間板ヘルニアに関しては、従来のヘミラミネクトミーの他に、脊椎に負担の少ないミニヘミラミネクトミーも行っております。

椎体脱臼・骨折

交通事故や落下事故などの外傷で、脊椎が脱臼・骨折することで、脊髄の損傷が起きます。多くの場合には後躯麻痺、排尿障害などの後遺症が残ることが多い疾患です。全身に強い力がかかった外傷であるため、脊椎以外の全身状態にも気を配る必要があります。
例にあげた2匹の猫では、脊髄損傷も重度でしたが、手術後歩行が可能になるまで回復しました。

脳炎

免疫の異常で、脳が炎症を起こしてしまう比較的若い犬で起こる疾患です。治療は投薬による免疫抑制治療が主体ですが、生涯にわたっての治療が必要です。
発作やうまく歩けないなどの神経症状や、投薬の影響による生活の変化、看護や介護も含め、動物およびご家族へのさまざまなサポートをご提案させていただきます。

関連フリーマガジン

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話