24時間看護

「動物にやさしさ」と「ご家族様に安心」を兼ね備えた24時間診療体制

24時間365日診療・看護

「動物にやさしさ」と「ご家族様に安心」を兼ね備えた24時間診療体制

当院の24時間治診療・看護体制は、「入院している動物を決して一人ぼっちにせず、きちんと見守る体制でなければいけない」という創業院長の想いが出発点です。開院当初より夜間救急体制をとっておりますが、さらに進化させ、現在は入院中の動物を24時間体制で看護および治療しております。万が一の変化に対応できるように、1か月間昼夜逆転生活で夜間の診療・看護に備えている獣医師と動物看護師を在籍させています。また深夜でも緊急手術に対応し、開院以来の24時間救急病院としての機能を守り続けています。

24時間看護体制をスタートしたのは2004年でした。当時、時代を先取りして導入した24時間診療・看護は、私たちの動物医療に対する信念を象徴する機能です。まだまだ動物医療では珍しい機能ですが、私たちにとってはその感覚こそがスタンダードです。外来の忙しい日中の時間帯も、人の寝静まる深夜の時間帯も私たちはご家族様の代わりにしっかりと動物をサポートし続けています。

24時間看護でご家族様も安心

担当獣医師と動物看護師の存在

すべての入院の子に対して入院担当チームが就き、複数名の獣医師と動物看護師が担当となります。検査や治療内容はチーム内で検討し、夜間は夜勤チームへの確実な引継ぎにより身体の状況を把握しています。毎日、担当チーム内で担当することで、より細かな引継ぎや、小さな変化にも気づきやすくなりますし、動物たちも安心してくれるようになります。
ご家族様への状況を説明するにあたっても、担当制が重要な体制と考えています。複数の目で治療を行うことにより、もちろん意見の相違は出てきますが、様々なディスカッションを行いながら治療をすることで、偏りのない、より高度な治療を行うことができると考えています。

容態の急変にも迅速に対応

容態の急変時にも迅速に対応できるよう、各階にエマージェンシールームを配備しています。日中・夜間共に、入院担当獣医師、動物看護師が24時間体制で治療と看護にあたっていますので、状況に応じて迅速に検査および治療を行います。

適切な食事の選択と供給

ご自宅での様子や食事の方法を入院担当の動物看護師がお伺いし、獣医師と相談してその子の状態に合わせた食事を用意しています。また、ふやかす・砕く・お皿を変えるなど、安心しておいしく食べてもらうために様々な工夫をしています。

手入れの行き届いた清潔な空間

医療機器は基本的にディスポーザブルを使用し、針・シリンジの使いまわしは行いません。使用した食器は毎回、洗剤にて手洗いした後、生体に無害な中性殺菌水にてすすぎを行っています。入院ケージは退室時に必ず消毒を行い、入院舎も定期的にお掃除して清潔さを保っています。臭い対策として、待合室や入院舎に空気清浄・消臭器を配備しています。
また感染症対策のため、入院中の動物同士が触れ合わないようにしています。
隔離室は別フロアに完備。感染症を疑う際には、他の入院動物から隔離することで院内感染を予防しています。

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話