動物別の待合室・診察室

なるべく動物たちがストレスを感じないような診療体制

動物の感じるストレスを最小限に

犬も猫もうさぎも、私たち人間とは比べ物にならないほどの嗅覚を持っています。また、動物たちは元来は野生であったため、異なる生物と同じ空間にいることに対し強いストレスを抱えることがあります。

そこで当院では、「動物がストレスなく過ごせる病院」をコンセプトとし、建物の設計を行っております。犬、猫、うさぎ別に待合室・診察室を完全に分けて、なるべく動物たちがストレスを感じないような診療体制を築いています。

また、各動物の入院室も距離をおき設置しており、入院中もできるだけストレスの少ない環境でお過ごしいただけます。

大型犬のストレスを最小限に

・車でお待ちいただくか、新館の待合室をご利用することで安心してお待ちいただけます。診察時はコンシェルジュがお声かけに行きます。

・大型犬用の診察室を配備
 体重計付きの診察台が昇降しますので持ち上げる必要がありません。

・大型犬用の入院室を配備
 サイズに合わせた特別室をご用意しております。
 (別途料金がかかりますが、小型犬も利用可能です)

小型~中型犬のストレスを最小限に

・検査前後の待ち時間の際は極力飼い主様と一緒に過ごせるようにしています。

・入院室は日当たりの良い南向きのお部屋
 お空を眺められるように大きな窓にしてあります。

猫のストレスを最小限に

・待合室、診察室、入院室は猫専用
 3階のフロアは犬禁止エリアです。犬の鳴き声が極力聞こえないようにしています。

・検査も極力猫専用
 猫専用の超音波検査室を用意し、安心して検査を受けられるように配慮しています。

現在では、これらの取り組みが評価され、「キャット・フレンドリー・クリニック」のゴールドレベルに認定されました。同認定は、猫にやさしい動物病院を、設備や動物の扱い方という評価基準で選ぶ国際基準です。

うさぎのストレスを最小限に

・待合室、診察室、入院室はうさぎ専用
 3階のフロアは犬禁止エリアです。犬の鳴き声が極力聞こえないようにしています。
 猫とも顔を合わないような配置になっています。
 換気の強弱により、猫のにおいがうさぎエリアに流れ込まないように設計しています。

ホーム サイトマップ 24時間救急 お電話